仮想通貨を使った副業には2種類ある

世界規模での大ブームとなっている仮想通貨ですが、実は素人であっても副業の一環として仮想通貨を使ったビジネスで利益を上げられる可能性があります。
2021年の段階で仮想通貨で利益を上げる方法は主に投資とマイニングの2種類に分けられます。
投資による仮想通貨ビジネスは株式投資や為替取引、FX取引などと基本的には同じものです。

特定の仮想通貨が値下がりしているタイミングで大量購入をして、値上がりしたタイミングで手放すことができれば利益が生まれます。
また仮想通貨の使い道そのものが急速に拡大しているため、売りに出して日本円など通常の通貨に置き換えなくとも値上がりした仮想通貨を保持しているだけで巨額の財産になることもあります。

しかし仮想通貨の値動きは一般的な通貨とは比較にならないほど激しいため、逆に値下がりしてしまうと大きな損失となる危険も持っています。
特に仮想通貨の値動きは予想もつかないような理由で大きく上下するため、これまでの投資の常識がまったく通用しないという問題を持っています。

仮想通貨投資で確実に儲けるとうたった投資指南ビジネスも多くなっていますが、ほとんどは不確実な内容でしかないので口コミなどを見てよほど評判の良いもの以外は信用しない方がいいでしょう。

もしも仮想通貨投資に副業として取り組むのであれば、絶対に生活に影響しない範囲での投資に留めて宝くじを買うくらいの気楽さで挑むのがおすすめです。
実際、小さな投資であればリスクもそれほど膨らまず宝くじといったギャンブルとは比較にならないほど高確率でリターンが望めます。

そして仮想通貨で稼ぐもう一つの方法としてマイニングが存在します。
マイニングの概念は一言で説明するのが難しいのですが、とりあえず「採掘」を意味する言葉が示すようにパソコンを使ってまだ使われていない仮想通貨を掘り起こす作業のことと認識しておきましょう。

具体的にはマイニングはある程度のスペックを持ったパソコンを24時間稼働させっぱなしにすることで、毎日ごく少額の利益が得られるというものです。
まずマイニングに利用可能なパソコンを用意する初期投資が必要なことと、かなりの電気代が発生するために掘り起こす仮想通貨の価値がその負担を上回るほど高い時期でなければマイニングで稼ぐことはできません。

その点、現在は仮想通貨の上昇トレンドにあるため素人が用意できるパソコンでも利益が得られる状態になっています。

しかしそうなると、参入する人も多くマイニング用のパソコンも争奪戦となってくるので、実際にマイニングを副業として始める前には必ずSNSを中心に情報を集め、可能であればLINEを使ったマイニング講座などで知識を深めておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする