動画編集の副業の稼ぎ方とやり方を解説

今回は、動画編集の副業の稼ぎ方とやり方を解説します。

まず、動画編集の副業はどんな事をするのでしょうか?今回はネットを使った方法のみを解説します。

動画編集は今後かなり伸びていくものだと思います。
その理由は、「動画の普及」にあります。
最近は、YouTubeを始め、動画がかなり普及してきました。
また、技術的な進歩もあり、プロフェッショナルでなくとも、手の込んだように見える動画を作れるようになったのもあります。

そんな動画編集ですが、どんな事をして稼ぐのでしょうか?
まず、動画編集をネットで行いお金を稼ぐ場合、多くの人は「クラウドソーシング」を使うと思います。
クラウドソーシングでは、一本の動画あたりの相場は約1万円です。
案件によって前後はしますが。
慣れてくると、月10万以上も稼げるようになると思います。

案件の内容は、以下のようなものです。
・テロップの作成
・BGMや効果音の挿入
・カット編集

テロップの作成は、文字を挿入する事です。
YouTubeの動画を普段から観ている方は分かると思いますが、人気YouTuberのほぼ全員が「テロップ」を入れています。
中には入れていない方もいますが、テロップは今やほぼ必須です。
その他、BGMの挿入やカット編集などは特に解説する必要は無いかと思います。

では、どうやって動画編集の技術を学べば良いのでしょうか?
動画編集の学習方法は「独学」がおすすめです。
独学だと不安だと思う方もいるかもしれませんが、今はインターネットがあり、情報がありふれています。
なので、動画編集をやろうと思っている方は、独学で学ぶのがおすすめです。
また、インターネットだけではなく、本を使うのも有効です。
インターネットは「細かな情報」を得るのには向いている反面、「体系的な情報」を得るのには少し不向きな所があります。
早い人で1ヶ月。一般的なペースでも数ヶ月で「案件が取れるレベル」にはなると思います。

動画編集をする上で、必要なのは「技術」だけではありません。
パソコンがほぼ必須ですし、その上それなりにハイスペックなパソコンでないと厳しいと思います。
自分の所持しているパソコンがハイスペックかどうか分からない場合は、無料の動画編集ソフトを入れて試してみると良いです。
問題なくできる場合は、新しいパソコンを買うのは少し待った方が良いと思います。

今回は、動画編集を使ったネットの副業について解説しました。
動画編集は、今後もずっと伸び続けるもので、身につけておいて損はないと思います。
この記事が参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする