タップアンドクリック(タプクリ)の副業ビジネスは稼げる?稼げない?

株式会社クリックのタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)は稼げないって本当?

ギャンブルの場合、ゲーム参加する人に還元される金額は、胴元が手数料を差し引いた金額となります。
確実にその金額が戻るのではなく、ゲームに参加する人でそのお金を奪い合う形となるため、勝てるのはほんの一握りの人のみです。
投資も、証券会社などに手数料を支払う必要はありますが、相場が上がれば出資している人全員が同じように利益を上げることができるものです。
勿論、投資にもリスクはありますが、ギャンブルにように完全運任せではなく、しっかりと予測をすることでお金を失うリスクを減らすことができます。
そのため、投資は副業代わりにも最適と口コミでも人気となっています。

そんな投資の中でも、口コミで評判となっているのが少ない資金で始められる株式会社クリックのタプクリです。
ただ、株式会社クリック(坂本俊介)の仮想通貨FXを利用した副業、タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)を始めとした投資ビジネスは、勝てないという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。
実際に、口コミなどを見ても、副業代わりに始めたけれど利益を上げることができなかったという声は珍しくありません。
ギャンブルとは違い、全員が利益を得ることもできる可能性がある投資で、負けたという声が多く見られる理由として考えられるのが、熟練度の低さです。

仮想通貨FX副業、タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)で負けたという声を聞くと、詐欺被害に遭ったのではないかと不安を感じてしまう人もいるでしょう。
勿論、選ぶ業者が悪ければ、詐欺被害に遭う可能性もあります。しかし、詐欺とは無縁で口コミでも評判となるほど優良な業者を選んだとしても、トレードの仕方に問題があればお金を失うことになります。

お金を失うリスクを減らすために重要となるのが、損切りなどの基本を押さえておくことです。
勘だけで売買をすれば、売るタイミングを逃し損失ばかりが増えていく状態となることは少なくありません。さらに、落ち着いてエントリーをすることも大切です。
株式会社クリック(坂本俊介)の仮想通貨FXを利用した副業、タプクリFXで少しでも損失が出たら、1分1秒でも早く取り戻したいという人も多いでしょう。
しかし、慌てると冷静な判断力を失い、より多くの資金を失う可能性が生まれます。

株式会社クリック(坂本俊介)の仮想通貨FXを利用した副業、タプクリに限らず投資というのは、1年に数%から10%など少しずつ増やしていくものです。一時的に資産を目減りさせることがあっても、長期的に見て資産が増えていれば投資は成功しているといえます。そのため、FXを始める場合は一気に増やそうとするよりも、トレードを繰り返し、取引に慣れていくところから始めると良いでしょう。少ない初期費用で本格的なトレードができる株式会社クリック(坂本俊介)タプクリであれば、初心者でもゆっくりと実践練習を積んでいくことができます。
気になる方は口コミ評価を良く確認してから行うようにしましょう。

タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)の投資の危険性について

株式会社クリックのタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)などでFXの取引をしたことがある人なら、FXと仮想通貨は一見似たようなもののように見えます。
FXと同様にチャートがあり、特に材料が出ていないときは、ほぼテクニカルの法則に沿って値が動きます。また、株式会社クリックのタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)は指値や逆指値といった基本的な取引方法もFXの仕組みを踏襲しているので、大きな違いは無いように感じるかもしれません。
目立った違いといえば、ボラティリティの違いとか送金方法の違いはありますが、もっとも大きな違いは非中央集権であることをよく認識しておく必要があります。
これはどういうことかというと、株式市場のように不正を監視する証券等監視委員会など存在しないということです。
例えば、ビットコインは特定の人間や企業が一切管理していない通貨です。
不正を起こさせない仕組みはブロックチェーンというデジタルによってのみ管理監督されています。

言い換えれば、それ以外の不正はやり放題の闇市場といっても過言ではありません。
クジラといわれる特定の大口投資家が価格を操作することは日常茶飯事ですし、仮想通貨関連企業が不正を行った疑惑(いわゆるテザー疑惑)などもあり、それを理由の一つとしてETFにビットコインが採用されなかったという経緯があります。
もちろん、大型の材料が出ればそれで値が動くこともありますし、材料がなにもないときはテクニカルどおりに値が動く場合もあります。
そう思い込んでしまうのが仮想通貨取引でもっとも危険なことです。
仮想通貨では、ある日突然、予期せぬ値動きが起きることがあります。
そのような場合は、チャートが日足レベルで垂直に下降や上昇を描きます。
これは明らかに大口による投げ売りや成り買いによるものですが、仮想通貨系ニュースサイトなどでは、後付けで材料が説明されることが多いので、慣れないうちはそういった情報に騙されることが珍しくありません。
もちろん、インサイダー取引も仮想通貨では特に違法ではないので、それは各通貨のプロジェクト運営者や仮想通貨取引所の性善説に頼っているのが実情です。
虚偽の情報をSNSで流し、情報操作を行っても罪に問われないのが仮想通貨取引の世界なのです。

仮想通貨取引では、投資ではなく「投機」と呼ぶのが通例です。
それは上記のように、タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)におけるヘッジファンドがもたらす値動きとはまた性質の違ったものであり、事実上の闇市場と言っても過言ではありません。
日本では、数年前より金融庁が規制に乗り出したため、国内の仮想通貨取引所は身元確認の厳格化やレバレッジの倍率など厳しく制限され始めています。
しかし、上記で説明したとおり仮想通貨は原則、非中央集権であり管理者はプロックチェーンのデジタル技術が主体です。
しかも取引に国境の概念はありません。
金融庁がどれだけ規制を掛けようと、インターネットが繋がっているかぎり、機械とソフトエアによってのみ運用されているブロックチェーン技術は、たとえ金融庁でも、もう手を付けられないのです。
そこに数十万、数百万円単位の資金を投じることの危険性を十分理解してから取引を始めるべきです。場合によっては大きな儲けを期待できますが、日本では仮想通貨の取引益が雑所得扱いで累進課税となるため、場合によっては利益の半分以上を税金で持っていかれます。

FXのタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)に関して

現在副業で定番となりつつある株式会社クリックの投資ですが、タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)なるものが提供されています。
これは、株式会社クリックが手掛けたとされているもので、多くの方がタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)を利用しています。

タプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)の様なものは他にも様々ありますが、有名なものに関しては機能性こそ違いますが導き出す結果が同じとなるが故、多くのツールでこの株式会社シンフォー社という会社が手掛けたものは結末が同じとなり予測が外れるという事態が起きています。

何故、予測が外れるかですが、一つはツール自体が過去のチャート図をなぞり同じ結末になるかどうかという一致率で未来を予測しているため、イレギュラーが発生した場合大きく予測が外れてしまい結末がツール利用者にとってふさわしくない結末となるのです。

その為、未来予想ツールが予測した結末と異なる結末となった場合、多くの方は詐欺であると被害を訴え出るのです。
では、詐欺であると言われた場合、ツールを提供している側の会社の責任についてですが、これら未来を予測するツールはあくまで予測であるため絶対ではないのです。

これが絶対値であって絶対に変わらないという結末である場合、そのツールは完全に未来を予測しているということになりますので多くの方が利用し高い口コミを得るツールとなるはずです。

ですが、そのようなツールは現状存在しておらず、その理由はツールは未来を予測するうえで多くは考えのもとに成り立っているのではなく、過去のデータを収集しそのデータに一致するかどうかで未来が同じになるかどうかを導き出しているため、逆算という考えをもとに計算しているに過ぎないのです。

これは単純に考えた場合、毎回給料日に支払われる給料が同じだと仮定した場合、次なる未来も過去のデータから分析するに同じであると踏まえるとデータ上では同じ結末になります。
ですが、イレギュラーである事故や会社自体がつぶれるということを予測できない場合、いかなる未来予測というツールも決して正しい未来を予測しないということです。

以上がFXに使用されている予測ツールに対する見解ですが、ツール自体が一つの会社から作られたものが派生している点においては、商業利用できるツールであると踏み、他社も一つの会社が提供しているツールを改良することで自社の製品として販売しているとされます。

そのうえで、未来予測の正解率が似てしまうのは、根本となるシステム自体が同じようなシステムであるためおなじ未来を予測してしまうというのがFXの未来予測ツールになります。
株式会社クリックののタプクリバイブル(TAP&CLICK BIBLE)を利用した投資ビジネスをする際にもそのような詐欺まがいなものには注意が必要といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする